業者に依頼する紙袋のサイズ確認で注意すること

看板

費用対効果の高さに注目

広告として活用する紙袋は、動作に左右されず見やすさにも工夫したオーダーが大切です。2回目以降の利用も意識し、使いたくなるデザインで設計しましょう。また、長期利用を意識し、プリント面のコーティングや水はじきタイプの選定も大切です。

詳しく見る

街

プロに依頼して安心を

看板は子供から大人まで、幅広い層に見てもらえる広告です。専門業者への依頼で美しい看板が実現し、特に高所は設置前後の安全が確保できます。立て看板は移動が便利なキャスター付きや電飾付きも選択可能です。予算に合わせやすい点がポイントとなります。

詳しく見る

紙袋

広告手法を考える

看板広告の効果は非常に高いです。設置場所は固定なので繰り返し見てもらえますので、自然と覚えてもらえます。店舗に誘導したり情報を掲示したり、目的に合わせてデザインを変化させる事ができます。自由度も高く効果的な宣伝活動が可能になります。

詳しく見る

紙袋

規格に合わせて注文

紙袋は、サイズの規格に合わせて注文することになります。特に幅220ミリでマチ120ミリ、幅320ミリでマチ110ミリという規格の紙袋には、人気があります。オフィスやコスメショップ、アパレルショップなどでよく利用されているのです。また、長さやデザインについては、依頼主が自由に指定できます。

詳しく見る

看板

オフラインでの宣伝活動

企業で使われる紙袋はただお店の商品を入れるだけでなく、企業の宣伝をするという役割も持っています。人を引き付け宣伝効果を上げるには、専門の業者へオーダーして企業のイメージにマッチする紙袋を作成することが大切です。

詳しく見る

街

手軽に宣伝ができる

企業や飲食店の宣伝ツールとして、看板を作ることがあります。設置場所や宣伝したい内容によって、業者選びも異なってくるものです。もちろん、専門業者に依頼して作ってもらいましょう。デザインや内容に妥協しないことも大切です。

詳しく見る

紙袋

宣伝効果の高い屋外広告

屋外広告の一形態として古くから店舗や事業所に利用されてきた看板は、今でも根強い人気を集めています。看板の印刷技術・製作技術が向上して多彩な表現が可能となった結果、従来より宣伝効果が高まっているのです。イベント・セールの告知や企業のブランドイメージアップなど、看板はさまざまな目的で利用されています。

詳しく見る

大きさは必ず確認すること

紙袋

会社によって基準が違う

紙袋のサイズは、SやM、LやXLなどのように衣類のサイズと同じように、スモールやミディアム、ラージなどの英語の頭文字で表記されていることも多いです。厄介なことに同じSサイズの紙袋であっても、会社ごとに具体的な大きさは異なります。いつもSを発注しているので、別の会社でもSを注文したところ、届いた現物を見てみると、思っていたよりも小さすぎたなどの失敗が起こるので要注意です。紙袋の製造販売においては、コピー用紙のように業界全体での共通した規格が存在していないため、すべての紙袋を取り扱っている会社がSサイズやMサイズといった表記で、紙袋の大きさを区分しているわけではありません。それぞれの企業が、独自の基準でサイズ表記を行っているのが実情です。紙袋の横幅の長さを意味する220や320といった数字で、サイズを区分している会社もあります。220サイズとは、紙袋の横幅が220ミリであることを意味しています。数字での表記は、直感的に大きさがわかるのがメリットです。横幅が大きくなるに従って、当然ながら縦の長さやマチの長さも大きくなるので、サイズが変わっても形状は同じです。このように紙袋を製造している会社や販売店ごとに、大きさを表す表記が異なるため、注文にあたっては必ず具体的な数値を確認するようにしましょう。サイズを間違わないために最も良い方法は、サンプルを取り寄せることです。何種類かの大きさのサンプルが手元にあれば、最適なものを選ぶことができます。