業者に依頼する紙袋のサイズ確認で注意すること

費用対効果の高さに注目

看板

使いやすさがポイント

以前のような不景気は乗り越えたといわれる中、広告費カットのように経費の在り方については見直しが続けられています。ポイントは経費をカットしつつ売り上げを維持させる点にあり、これまで以上のアイデアで課題をクリアしなければなりません。そんな中で注目されているのが、表面にオリジナルプリントを施した紙袋で、利用客が街中を移動することにより効果を発揮しているのです。ただし、単に他社のマネでは効果が得られないため、サイズや強度など自社に適した内容でオーダーを行うべきでしょう。また、利用客以外の人にも見てもらうことが目的となりますので、動作に左右されないデザインのオーダーも大切です。つまり、紙袋を広告として活用する場合、折込チラシのような細かい文字のプリントは適さないといえます。紙袋のオーダーはデザイン入稿を含めて行うため、デザイナー依頼もしくは編集ソフトの準備が必要です。オーダー可能なデザインは無限大となりますが、自社製品のターゲット層に合わせ、利用者が使いやすいという部分に配慮しましょう。例えばインパクトが強すぎて恥ずかしいレベルの場合、2回目以降は使ってもらえないということです。このほか、ナイロン袋と比較して汎用性が高い紙袋ですので、長期間の使用を意識してオーダーします。全体的に紙袋は壊れにくい入れ物ですが、プリント面を守るコーティングや水をはじくタイプも検討してみましょう。強度が高いほど2次3次と使ってもらえるチャンスが増加し、その都度広告効果が期待できます。