業者に依頼する紙袋のサイズ確認で注意すること

宣伝効果の高い屋外広告

紙袋

多彩な広告表現が可能に

看板や広告塔・懸垂幕・車体広告などを総称して屋外広告物と呼びますが、その中でも看板は最も古くから利用されてきた形態です。商家の屋号を表示する屋外広告としては暖簾が江戸時代から使われていたのに対して、明治時代に入ってから洋式の看板が日本でも普及してきたと言われています。そうした古い歴史を持つ看板も印刷技術や製作技術が大きく進歩しており、従来にない表現が可能となったことから店舗や企業の事業所などから根強い人気を集めています。そうした屋外広告物の本来の役割と言えば、店や事業所の存在を道行く人や通行車両に知らせることでした。板にペンキなどの塗料を使って屋号や企業名を描いただけの看板は、所在地を示す案内板としての役割しか果たすことができません。現在ではどのようなデザインの広告でも大型のインクジェット印刷機などを使って出力することが可能となったため、屋外広告としての機能が著しく高まっています。看板製作業者の技術も大きく向上しており、立体的表現や電飾表現を駆使して個性ある広告が作れるようになりました。従来であれば紙の印刷物やテレビCMなどの限られた広告でしか見られなかったような表現が、現在は看板でも実現できるようになっています。店のセールやイベントを大々的に宣伝したり、企業のブランドイメージを高める広告を屋外に掲げるような用途にもこうした新しいタイプの看板が活躍中です。屋外広告を有力な販促ツールとして効果的に活用していけば、店の集客力が強化されて売上げアップにつながります。企業のブランディング戦略の一環としても、テレビCMやチラシ広告などとタイアップした看板がフル活用されているのです。このような屋外広告物はインクジェット出力サービスを提供している業者を通じて製作してもらうことができます。作成したデザインデータを業者に入稿すれば、フルカラーの写真も看板に印刷できる時代になったのです。